街頭での県政報告会を実施。

事後報告になりますが、去る11月5日と6日、県西部のショッピングセンターや交差点の一角をお借りして、会派の街頭での県政報告会を実施しました。

街頭写真

これは、我が会派「民主党・ふじのくに県議団」が定例議会の閉会後に必ず行っているもので、少しでも県民の皆様に政治や経済を身近に感じて頂きたいとの思いが込められています。

今回は、9月定例会と決算審査特別委員会の二つの報告を兼ねての実施。

私からは、152億円の補正予算の財源内訳として、議員と県の職員さんの給料をカットして67億円を捻出したことに触れた上で、早急に進めるべき防災対策等についてお話をさせて頂きました。

また、所属している文教警察委員会での審議の様子、とりわけ学力向上に関する今後の取組み内容についてもご報告。

最後に、現在協議を進めている議会提案の条例についても触れました。(この件については、改めて詳しくブログで説明したいと思います。)

今後も、もちろんこうした活動は続けていきますが、せっかくの報告会も人が聞いてくれなければ意味がありません。

そこで、施設の中で行うとか、動画としてアーカイブするとか、さらなる改良を加えていくことができればと思っています。