タグ別アーカイブ: 静岡県議会

1211一般質問より「ICTを活用した農業の効率化」

静岡県の農業と言えば、

全国一の生産量を誇る「みかん」「お茶」をはじめ、数々の農産品が有名です^ ^

でも、そんな静岡県でも、やはり農業を取り巻く環境、

例えば、

・就業人口の減少

・担い手の高齢化

などは年々厳しさを増してきています。

そんな中、期待されているのが「ICTの活用」。

************************

かつては、手作業だったものが、

機械化が進んで効率化・大規模化してきた。

そして今では、ICTを随所に導入することで、

さらなる省力化・農作物の質の向上を図ってきているんです。

特に、今静岡県では、水田の水管理へのICT活用に関する実証研究を進めているので、その状況を議会で確認させて頂きました。

具体的には・・・

・昨年度からの3カ年計画で、袋井、磐田の水田75haを使う。

・水位や水温を測定する水田センサーと自動給水栓を400台設置。

・タブレット端末で状況の確認と操作を行う。

このような流れで、作業コストを2分の1程度に削減するシステムの実用化を進めたいとのことでした。

************************

ICTの活用は、こんなところにも可能性があるんですね!

ぜひ、良い結果が生まれ、それによって農業の課題解決につながる糸口となることを期待しています!!

新カジポリ7「浜松大空襲の日」

去る6月18日は、浜松市が太平洋戦争で米軍から大きな空襲を受けた日でした。

私は、毎年この日に開催される慰霊祭に参列しています。

あの空襲で約3000人の命が奪われ、しかし先人の努力によって、今の浜松市は大きな発展を遂げることができたのです。

こうした機会に、改めて戦争の悲惨さや平和の有り難みを感じ、それを後世に伝えていかなければなりませんね。

誕生。はままつ人づくりネットワークセンター

既にお伝えしていたかもしれませんが、今年度は、母校の小学校でPTA会長を務めています。

新学期が始まり2ヶ月が経過しましたが、昨年から様々な準備を執行部を中心に行ってきたので、現在は忙しくも充実した日々を過ごしています!

募金

また、写真のように、4月に起こった熊本地震への義援金集めも迅速に対応。

引き続き、責任を持って任期を全うしていきたいですね!

 

さて、そんなPTA会長を対象にした研修会なるものが先日あり、僕も出席。

その中で、花井教育長より、今年度から「はままつ人づくりネットワークセンター」を発足させたと紹介がありました。

これは、魅力的な人材を「はままつの宝」として登録し、コーディネーターがこれを整理・蓄積し、適時学校の教育活動に提供していくというもの。

地域人材の活用が叫ばれて久しい今日ですが、こうした拠点ができたことは、意義あるものだと思います。

浜松市教育委員会としては、例えば・・・

◯野球の達人
◯お茶の達人
◯パソコンの達人
◯書道の達人
◯花づくりの達人

などなど、このような「はままつの宝」を募集しているそうです。

この仕組みが、まずは今年度、どのように展開していくか注目ですね!!