タグ別アーカイブ: 山﨑しんのすけ

本部事務所開設&出馬会見を行いました。

278223844_5307045332673402_5156832193949940388_n
本日、静岡市内に構える本部事務所にて神事を執り行い、正式に開設となりました!
 
そして、今夏に迫った戦いに向けての出馬会見も実施。
 
ここに至るまで支えて下さった全ての皆様に心から感謝申し上げます。
278192879_5307045426006726_5483298443593387041_n 278454343_5307045259340076_2894058929162995289_n
 
ご厚情に応えるべく、必ず結果を出したいと思います‼️
 
どうか、引き続きのご指導ご支援をお願い致します!
 
なお、本部事務所の住所は以下です。
 
〒422−8062
静岡市駿河区稲川1−1−3
TEL)054ー204ー2802
FAX)054ー204ー2803
278727950_5307045226006746_5775171433425522716_n

浜松をeモータースポーツの聖地にしよう!

今日は、浜松eグランプリさんが提供して下さっているグランツーリスモの体験会に参加してきました!
277308114_5267464096631526_5641147322709016110_n
 
久しぶりにプレイしましたが、壁にぶつかりまくりでした💦
 
世界で活躍しているユウトくんは浜松出身の中学生。
(写真の黄色のシャツの子です)
277587064_5267464196631516_7836836933353167684_n
 
モータースポーツと言えば浜松ですが、eモータースポーツも浜松でしょう‼️
 
聞けば、ゲームから入って実際のレーサーになった選手もいるだとか。
277518071_5267464129964856_1457979870545999742_n
 
eスポーツは、年齢、性別、障害、そして家柄にも関係なく、活躍できるチャンスがあります!
 
つまり、ボーダーレスです。
 
この可能性を活かせられるよう、環境整備に努めていきたいと思います!
277752298_5267464213298181_6969824850202214048_n

女性・若者の政治参画を総務大臣に提言!

昨日は、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会(長い💦)で25分間、質問を行ってきました。
277669299_5259211114123491_4522732238965253809_n
 
取り上げたテーマは3点。
①女性の政治参画について
②選挙公営制度の拡充について
③障害者への合理的配慮等の支援について
 
特に①については、日本は世界から完全に取り残されています。
 
法律で「男女の候補者の数ができる限り均等となること」と求められたにも関わらず、衆議院議員の女性比率は10%にも至っておらず、昨年の総選挙では、むしろ2人減りました。
 
諸外国で比率が高い最大の要因は、クオータ制を導入していることです。
 
例えば、フランスにしてもイギリスにしてもメキシコにしても、1990年の女性比率は10%しかありませんでした。
 
しかし、クオータ制を導入後は、大きくその比率を伸ばしています。
 
日本においても先送りはできません。
多少の課題は残されているものの、私は政治判断を急ぐべきと考えます。
 
それだけ、女性が政治意思決定プロセスに関わることのインパクトは大きいからです。
 
今回、強く政府に対応を求めました。
事態が前に進むことを切に願います!

ゼレンスキー大統領の演説をどう活かすか!?

IMG_3927
本日18時より国会にて、ゼレンスキー大統領の演説を拝聴しました。
 
ウクライナのおかれている凄惨な状況、例えば数千人が犠牲になっている中で既に子ども達が121人亡くなったことなどをお話になられ、行き場のない怒りを感じました。
 
また、アジアで初めて日本がロシアに対して圧力をかけたことに対し、感謝の意を述べられました。
 
ただ、国連安保理が機能しなかったことを問題視され、戦争を起こさない予防ツールを国際社会として作っていく必要にも言及。
 
大統領が言うには、ロシアは既に化学兵器を用いる準備を進めているとのことです。
 
これ以上の犠牲者を生まないためにも、まずは戦争終結を強く促すとともに、毅然とした態度での経済制裁、さらには人道支援と復興支援など、日本として行うべきことは山積みです。
 
また、台湾有事なども現実的な脅威と認識し、不安定化する国際情勢の中で私としても出来ることを一つずつ進めていきたいと思います。
277239899_5240526985991904_5846606898015453912_n

国政ニュースレターVol.6が完成しました!

月2回発行している国政ニュースレター。
 
今回は、3月10日に予算委員会で岸田総理と直接行った議論の中身を簡潔にご紹介しています。
(文字が小さくなってしまうので、ホントに簡潔にしか書けなくて申し訳ないですが)
01_山﨑真之輔_しんのすけ月間通信vol6_表OL 01_山﨑真之輔_しんのすけ月間通信vol6_裏OL
 
それ以外にも、
・4月から始まる不妊治療への保険適用
・事業成長担保権への期待
などを盛り込みました。
 
また、街頭演説の県内行脚も、ようやくコンプリートです!!
次なる企画は、次号で発表します!

eスポーツの普及振興で社会課題を解決する!

現在、若者と政治を繋げるプラットフォームを運営するPoliPoliの協力を得て、私が国会で取り組む政策作りを進めています。
276174427_5227567343954535_2695735797675736107_n
 
そしてこの度、その第一弾が出来上がりました!
テーマは、eスポーツです‼️
276160443_5227567543954515_5435301935187507387_n
 
自分としては、もう6年程前から取り組んでいた施策ですが、国レベルでも問題提起をすることで、普及速度は更に高まると期待しています。
275896640_5227567400621196_8018474114704631066_n
275135681_5227567423954527_7199403690994103046_n
 
この政策を力強く進めていきたいと思いますので、皆さまお気付きのことを、下記のサイトを通してご意見下さると幸いです!
 
また、次なる政策も準備中。
頑張ります!!
 

岸田総理に静岡県の思いを届けました!

275079281_5205589522818984_7312782891572754131_n
本日初めて、参議院予算委員会で質問を致しました。
 
岸田総理に直接思いを述べられのは大変貴重な機会であり、今回チャンスを与えて下さった会派の皆様には深く感謝です。
 
質問した項目は4つ。
①トリガー条項凍結解除
②蔓延防止等重点措置のあり方
③改正盛土規制法
④リニア中央新幹線
275294895_5202800873097849_1628785542495072477_n
 
もちろん未熟で経験不足のところもあり、もう少し時間があればと悔しい思いもありますが、それでも第一歩です。
 
もっとお役に立てるように精進しますので、是非引き続きの応援を賜れば幸いです。
275192647_5205589426152327_5518442535780459732_n
 
また、このように県民国民の意見をドンドン国に届けていきたいと思います。
是非、私を使って下さればと思います。
 
議論した内容については、また別途報告したいと思います。
まずは、ご声援有難うございました!
275246927_5205589439485659_5607054534955994741_n
275113262_5205589499485653_4056325291994830594_n

国政ニュースレターVol.5を発刊しています。

01_山﨑真之輔_しんのすけ月間通信
01_山﨑真之輔_しんのすけ月間通信_裏
この度、5回目となる国政ニュースレターを発刊中です。
 
・新型コロナ対策
・盛土規制法の改正
・育児介護休業法の改正
・トリガー条項凍結解除
などを簡単に解説してありますので、是非ご覧ください。
 
また、街頭演説の県内行脚もいよいよクライマックス。
 
次なる企画も準備していますが、まずは全県を制覇します!

各種新年の催しに出席させて頂いてます!

271217644_4986651808046091_5992646321692744321_n
あっという間に今年も5日間が過ぎようとしています。
 
毎年の恒例行事に出席させて頂きつつ、今年からは浜松以外の催しにもお邪魔しています。
 
特に、県内経済界の皆様との接点が増えました。
 
私はこの度、経済産業委員会に所属となりましたので、少しでもお力になれればと思います。
 
270603594_4986652168046055_8669928763912403117_n
通常国会が17日から始まることになりました。
 
委員会審議にはしっかりと準備をして臨みたいと思いますし、そのほかにも賃上げ税制には大きく注目しています。
 
日本はここ30年間、賃金が上がっていません。
 
ただ、物価も抑えられていたため、家計への大打撃は避けられていたかもしれませんが、いよいよ物価高の足音が聞こえ始めています。
 
賃上げを促す姿勢は評価しますが、中小企業も恩恵を受けられる仕組みにすること、また税制だけに頼るのではなく、労働生産性を上げられるように、企業の研究開発や人的投資、設備投資を積極的に支えること。
 
色んな角度から、経済の好循環を生み出すために議論を尽くす必要があると思います。
 
270135271_4986652014712737_5110895530740824930_n
また、その前にもオミクロン株の急拡大で、国会情勢も緊迫してきそうです。
 
どうか皆様も、適切な行動に努めて下されば幸いです。
 
今後も、国民生活を守るため、丁寧に仕事に向き合っていきたいと思います!

「国政ニュースレター」を発刊していきます!

269284717_4954616087916330_4760176938251967848_n

市議・県議時代は、四半期の議会定例会ごとに報告紙を発酵させて頂いておりましたが、目まぐるしく動く国政での出来事をなるべくタイムリーにお伝えするため、今後は月に2回、「国政ニュースレター」という形で情報発信することに致しました。

どうぞ、定期的にご覧くだされば幸いです。

当選御礼!一生懸命働きます!

248413480_4737651322946142_8879131734047401883_n
昨夜の当選の報から丸一日が経とうとしています。
 
改めて、投票してくださった方はもちろんのこと、私たちを支えて下さった全ての皆様に感謝して申し上げます🙇‍♂️
 
この勝利は県民の勝利です!
新しい政治に変えていく。
そんな強い意志を示すことができた絶好の機会となりました。
248308733_4737634652947809_4427704037261001510_n
 
これからは、皆様から頂いたご期待やご厚情に応えられるよう、9ヶ月の任期しかありませんが、誠心誠意、政治に向き合っていきたいと思います!
 
ちなみに、
明日が県庁にて当選証書授与式。
明後日、初めて参議院に登院する予定です。
248735130_4737651449612796_3274025333326625925_n
 
なお、大変多くのメッセージやコメントを頂いている関係で、お一人一人に返信するのに時間がかかりそうです💦
 
何卒、ご容赦下さればと存じます。
しっかり読ませて頂いております!有難うございます!!
248252496_4737651422946132_90646200565057717_n

台風一過の秋晴れ、県内該当キャラバン9連発!

242385190_4623316757712933_8006246262518952831_n
昨日午後から本日夕方にかけて、
浜松、三島、函南、沼津、御殿場、裾野、富士宮、富士と渡り歩き、街頭キャラバンを行ってきました🚌
 
天気が思った以上に良く、体力が奪われかけましたが、応援して下さる先輩や同志の皆さんに支えられて、9箇所で私の思いを訴えることができました!
 
242317758_4623317061046236_2722110258479881289_n
242319235_4623316857712923_4573241566533286026_n
#源馬けんたろう 衆議院議員
#小野のりかず 立憲民主党静岡5区総支部長
#渡辺周 衆議院議員
#田中けん 国民民主党静岡4区総支部長
#池谷晴一 小山町長
#勝間田みきや 御殿場市長挑戦者
 
242390232_4623316777712931_1547350847653234969_n
これらそうそうたるメンバーをはじめ、仲間の県議会議員、市議会議員さまにもマイクを握って頂きました!
本当に有難うございます😊
 
今回は、地方創生やコロナ対策を中心に演説。
 
しかし、静岡県はやはり広い‼️😅
 
いよいよ始まる大きな戦いに向けて、地域に特化した課題についても取り組んでい
けるよう、政策磨きにも力を入れていきたいと思います。
これからも、地域・現場・生活目線で活動を続けていきたいと思います!
242406667_4623316891046253_3405975302054619164_n

菅総理の退陣表明を受けて

241392651_4575226212521988_4171263900388734355_n
 
昨日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。
 
ご承知の通り、菅総理が次期自民党総裁選に出馬しないと表明され、それはすなわち、今月中に首相が交代することを意味します。
 
新型コロナは依然として猛威をふるい、多くの地域で緊急事態宣言が出されている中、政府として果たすべき役割はまだ沢山あったと思います。
 
それを行わずして退陣をされるのは、残念の一言に尽きます。
 
ただ、昨年の菅総理就任から相次いで変異株が出現し、すべてが後手後手に回ったのは気の毒ではありました。
 
しかし、このような結果を招いた最たる要因は、「国民に心を開かない」姿勢にあったと私は考えます。
 
国民の窮状に耳を貸さない、説明責任を果たさない、国会を開かない。
 
公文書を平気で改竄したことや、アベノマスクの支給を思い出して下さい。
 
第2次安倍政権から本格化した官邸1強体制が、政府と国民の間の見えない壁を分厚くし、菅総理の政策判断を見誤らせたのではないかと思います。
 
したがって、この根本的な体質を変えていかなければ、誰が自民党総裁になったとしても、同じことを繰り返すのではないかと懸念します。
 
今は国難です。
誰にでも門戸を開き、英智を結集し、様々な改革をしていく覚悟が問われています。
 
政治を私たちの手に取り戻す!
 
昨日のニュースを見て、改めて強く感じました。
政局に踊らされることなく、今日も一つ一つ活動していきたいと思います!

職業訓練、リスキリングでデジタル人財を育みます!

_U8T0232

科学技術の進歩等に伴い、ただでさえ環境の変化が著しい今日に加え、新型コロナによって社会が必要とする能力も大きく変わりつつあります。

その代表例がデジタル人財でしょう。
どの業界でも引く手あまたの状況です。

ただ、何をもってデジタル人財と呼ぶかは様々ですが、手取り早いのが資格。

例えば、ITパスポートの取得者は、静岡県内では2000人しかいないそうで、1万人あたりの数は全国で37位と低位に落ち込んでいます。

こうなると、「卵が先か、鶏が先か」という話にもなりますが、デジタル人財がいないからIT系の企業が誘致できないのか、IT系の企業が少ないからデジタル人財が育たないのか。

いずれにしても、本県にとって打開したい課題が今は存在しています。

********************

そこで、力を入れるべきは、職業訓練やリスキリングだと考えます。

実際に、欧米諸国や大手企業はすでにリスキリング(学び直し)を始めています。

ところが、地方自治体や中小企業ではそうは簡単にいきませんから、ここはしっかりと手を差し伸べていく必要があります。

残念なことに、日本の職業訓練への公的支出のGDP比は、主要国の中で最低で、アメリカの3分の1、ドイツの18分の1しかないと聞きます。

特にドイツでは、大学進学率を2〜3割に下げながら、その代わりに職業訓練学校を充実させてきています。

また、カリキュラムも考えられていて、1週間のうち2日間は学校で理論を学び、3日間は会社に行って実習をする「デュアルシステム」が採られています。

そうすると、離職率も少なく抑えられるんですね。

日本の場合、新卒3年以内の離職率が、大卒で32%、高卒で40%、中卒で65%と高いですから、学ぶべきところが多いと感じます。

とにかくまずは、職業訓練やリスキリングの投資を強く進めていくべきでしょう!

********************

具体的には、「デジタル能力開発センター」なるものを各県に一つくらいの規模で構想したいと考えます。

ここでは、デジタル人財を育てることはもちろん、それだけではなく自治体や地域の企業等に参画してもらうことでコンソーシアムを形成し、スキルを身につければスムースに職にありつけるというエコシステムを作っていきます。

デジタルの仕事やニーズは、実は様々あります。

SEのような何となくカッコいい仕事もありますが、小さなバグチェック等の保守点検なども非常に重要な仕事です。

ですから、既存の産業・企業でデジタル人財をうまく使えていないという声もあったりしますが、そうした人財を活用できる余地は十分にあります。

また、それによって新たな可能性を見出すこともあり得ます!

********************

デジタル人財を育むと同時に、それを活かせる企業の教育と誘致を両輪で進めていく。

これからの社会課題解決のために、地域で活躍できる人財をどんどん発掘&磨いていきましょう!

リアルな暮らしを良くしよう!

このキャッチを現実のものにできるよう、本気で取り組みます!!

環境と経済の両立で地域の活性化を図ります!

エコバッグ

6月の静岡県知事選挙での大きなテーマとして、「水」の問題が注目を浴びました。

そして、川勝知事の再選直後に、熱海の土石流災害が発生。

図らずも、経済と環境、開発と規制のあり方が、静岡県のみならず全国で問われることになりました。

********************

一見すると、経済と環境は水と油、アクセルとブレーキのように感じますが、実はそうばかりではありません。

事実、2015年から登場したSDGsや、それ以上前から行われているESG投資といった概念は、まさに経済と環境の両立を図ることが前提とされています。

そして、経済と環境を一体的に捉えるサーキュラーエコノミー(循環型経済)を進めることによって、EUでは、

・2030年までに約1兆ユーロの付加価値が生み出される
・GDP7%の成長につながる

と考えられています。

今時、考えられないくらいの成長分野なのです。

********************

また、世界的な要請となっているカーボンニュートラルも同様です。

短期的なマイナス面・デメリットを、長期的なプラス面・メリットに変えられるように考えていく姿勢が肝要です。

そのためには、

・関連する業界等に対して、国として迅速かつ適切な情報提供を行うこと
・中小企業への設備投資を支援すること
・二酸化炭素の測定などのサポートをすること
・新しい技術を支える人材育成や高度外国人材の確保を強化すること

などを徹底して行い、日本の自動車産業等の国際競争力を落とすことなく、かつ環境にも良い成果を生み出していくべきと考えます。

********************

エネルギー政策も、原子力発電所や大型ソーラーパネルなどの話をする前に、

・省エネ
・エネルギーの高効率化
・再エネ

といった施策の推進に力を注ぐべきです。

特に、省エネは、すればしただけ地域外に逃げるお金を減らせますから、最優先で取り組みを強化すべきだと考えます。

実際に、1万人の町で消費されるエネルギーは、年間で約30億円だと言われていますから、これを減らせるだけでも相当な効果が生じます。

具体的な施策としては「住宅政策」のところで解説しますが、地域で生み出したエネルギーを地域で必要なだけ賢く消費する。

そのための仕事を、地域でしっかりと回していく。

********************

大きい問題に対しても身近な課題に対しても、今日に生きる私たちが持続可能な仕組みを真剣に考え、環境と経済の両立で地域の活性化を図っていく必要があります。

リアルな暮らしを良くしよう!

このキャッチを現実のものにできるよう、本気で取り組みます!